WELCOME to brandnew KATARUTA world. Enjoy your word.

『市民参加の話し合いを考える』が出版されました。

2017/03/24

shmsknhnsh
2年前に龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター様主催で行われたラウンドテーブルに参加させていただいたのですが、そのときの発表や議論を元にした座談会と研究報告がまとめられた書籍『市民参加の話し合いを考える』(村田和代編/ひつじ書房)が先週、出版されました。様々な話し合いの場が取り上げられ、「話し合い」研究の多様性を発信する内容となっています。
福元も執筆者の一人として参加させていただき、実務家という立場で「対話を活性化するツールをつくる」というテーマについて、カタルタの活動の中で見聞きしたこと、発見したこと、考えたことを報告させていただいております。今回、このような機会をいただきました村田和代先生、龍谷大学関係者の皆様に感謝いたします。ご関心のある方、ぜひ手に取られてみてください。

ひつじ書房の書籍紹介ページ(目次の掲載あり)
amazonの紹介ページ (amazonでは4月3日より発売)
(福元和人)